引き継ぎの重要性

円満退職で会社を去るためのコツは、職場への影響を最小限に抑えるための努力することです。
新たな会社で働き始めたり、結婚して家庭に入ったりなど、退職する理由は色々あります。しかし、退職者が発生する企業にしてみれば、人材が少なくなることによって新しい人材を採用しなければなりません。
また、新しい人材を採用して一人前の仕事ができるようになるまでは、現状の従業員で乗り切るしかないため、一人当たりの業務量が増える可能性もあります。退職者が発生した場合、企業側にはこのようなリスクがあるのです。

そういった事情がある中でも円満退職を目指すのであれば、まず、仕事の引き継ぎを滞りなく行うことです。
仕事の引き継ぎは、担当していた業務の量や、仕事のポジションによって重要度が変わります。不十分な引き継ぎで会社を去った場合、現場が混乱したり、取引先からの信頼に影響したりといった問題が発生する可能性があるからです。
そのため、仕事の引き継ぎは後任の担当者に全て伝える必要があります。

ただし、退職日の関係で、仕事を全て引き継ぐのが困難な状況は考えられます。その際に効果的なのは、書類の作成です。
担当していた仕事の詳細を、書類として残すことにより、後任は仕事の内容を把握しやすくなります。作成した書類はすぐに後任へ渡すのではなく、一度上司に提出して、確認してもらうのが良いでしょう。書類の内容に上司が納得したのであれば、後任に書類を渡します。
このような手順を踏むことによって、退職する企業への負担を最小限に抑え、円満な退職ができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Help

WordPress theme: Kippis 1.15