やるべき業務を全うして去ろう

新しい仕事が無事決まった場合、まだ在籍している会社よりも、転職先のことを優先的に考えてしまう場合があります。転職は新しい人生の幕開けとなるため、気になってしまうのは仕方がないかもしれません。

しかし、勤務最終日を迎えるまでは、まだ現在在籍している会社の従業員という事実があります。そのため、円満に退職するためには、最後まで自分が任されている仕事に対し、責任を持って行うことが大切です。責任を持って、担当していた仕事を仕上げてしまってから会社を去りましょう。中途半端な状態で退職するのは無責任なことですので、円満な退職をしたいのであれば避けるべきでしょう。
マナーや決まりを守ることで、始めて円満退職からのスムーズな転職が可能になるのです。

仮に、取り組んでいる仕事の途中で退職した場合、会社や取引先に迷惑をかけてしまいます。万が一、取引先にまで迷惑を掛けてしまうと、会社との取引に影響を及ぼすことが考えられます。
ですから、円満退職をして次の職場に朗らかな気持ちで行きたいのであれば、担当している仕事を仕上げること、仕上げられない場合は後任へと全てを引継ぐことが重要です。

引き継ぎのポイントとしては、取り組んでいた仕事の概要だけではなく、細かい部分までを説明して引き継ぐようにします。後任が、状況をきちんと把握できるまでしっかりと説明するのが理想的ですが、自身の退職日が迫っていると説明不足になる場合があります。
説明不足を補うためには、引き継ぎ事項を書類にまとめておく方法が効果的です。書類にしておけば、後任はいつでも仕事の確認をすることができるため、仕事上のトラブルが発生する確率を下げることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Help

WordPress theme: Kippis 1.15