円満退職を目指して

円満退職をする為にはコツがあります。
まず、重要なのは、余裕を持って退職までのスケジュールを組むことです。慌ただしい中での退職になると、引き継ぎが上手くできず、職場に迷惑を掛けてしまいます。ですから、余裕を持って遅くても1ヶ月前には伝えられるようにしておいた方が良いでしょう。

退職の意志を伝える時は、まず最初に誰と話すかも大切です。必ず、一番に直属の上司へ伝えるのがマナーです。直属の上司のさらに上の人間にいきなり伝えたり、同僚に伝えてしまうと、上司の心証は良くありません。一番近い上司から話を通すのが筋とされていますので、うっかり別の人間に話すようなことのないように注意しましょう。

もし、業務で受け持ちの顧客がいる場合は、そちらにも話を通しておくことが大切です。突然担当者が代わってしまうと迷惑になる恐れがありますから、マナーとしてお世話になっている先方にも話を通しておいた方が、後々のトラブル防止になるでしょう。
ただ、顧客への連絡には会社の方針が関わってくることもありますから、心配な場合は一度上司と話をしておくのが良いです。

円満な退職の為には、ずるずると先延ばしにしないのもポイントの一つです。後任の人が見付かるまで、といった理由で、会社に引き留められてしまうかもしれませんが、区切りを曖昧にしてしまうと、退職のタイミングを逃してしまうことにもなりかねません。転職先が決まっている場合は、相手にも迷惑をかけてしまいますので、退職の意志を示した後は、割り切ってスケジュール通りに進めることが大切です。
今まで仕事でお世話になった人への感謝の気持ちを込めて、退職日までしっかりと勤めるよう心掛けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Help

WordPress theme: Kippis 1.15